看護師をやめてよかった?違う仕事をしても看護に戻る理由
Pocket

看護師資格を持つ人の中には看護師として働くことが合わずに転職していく人も少なくありません

しかし、看護師を辞めて本当に良かったといえるのか?という疑問もあります。

 

なぜなら、看護師とは全く違う職種についた後に、再び看護師として働く人も少なからずいるからです。

今回は異業種に転職後、看護師に復帰する理由について考えてみたいと思います。

看護師をやめてよかった?違う仕事をしても看護に戻る理由

異業種への転職の問題

看護師として働いている時には、辛くて、勤務時間も不規則で、人間関係の問題などもあり、精神的・身体的に疲労して転職をしていく人も一定数います。

 

そして、看護師として転職するのではなく、異業種に転職する人もいますが、看護師と比較すると満たされない部分や格差に納得できないことが多いと感じます。

それらについて見てみたいと思います。

 

看護師資格を活かすことができない

看護師以外の職種で働くということは、その資格を活かす場がなくなるので、他の人の差別化がはかれないということになります。

 

これまで専門職としてプライドも責任感も持って働いていた看護師にとって始めは慣れないのではないでしょうか。

 

その反面、看護師の仕事につまづいて転職をした人にとっては、キャリアを考えることなく一からという気持ちで取り組めるので良い場合もあるともいえます。

 

給与格差

看護師から異業種への転職で一番問題なのは給与ではないでしょうか。

他職種の基本給や諸手当などを計算すると、なかなか看護師を辞めて転職ということは難しいと考えている人が多いのも事実です。

 

転職する際には給与よりも他の問題が重要と考えて行動することでしょうが、落ち着いた頃に「この給与じゃあ…」と思い直すこともあると思います。

 

もちろん、看護師の給与がすごく高いというわけではありませんから、看護師時代よりも多くもらうことができる職種もあります。

しかし、誰でもが上回るわけではなく、多くは減収になる場合がほとんどといえるでしょう。

 

人間関係

看護師時代にも人間関係に思い悩んで転職をした人も多いと思いますが、人間関係の問題についてはどの職場でもあることですから、部署や職場を変えたから解決するという問題ではありません。

 

つまり、人間関係を理由に安易に転職をしていると問題解決にはならず、再び転職を繰り返すという事態に陥ってしまう可能性があります。

人間関係については、情報収集を転職までに行うかの問題になってきます。

 

転職先の退職率が高いや求人募集が絶えず出ている所は問題がある可能性が高いと判断できますので、慎重に行動するほうが良いでしょう。

 

また実際に働いている人を知っている、もしくは情報を知る方法があるなら、事前に確認して自分が合うかどうかを判断することも失敗を減らす方法と言えるのではないでしょうか。

 

看護師として復帰する理由

異業種に転職したことで改めて看護師について考えることもあるでしょう。

また、看護師との比較で感じた問題点を解決したいと思い再び看護師として働くに至る人もいます。

それらについて細かく見てみましょう。

 

看護師としてのやりがいに気付いた

忙しく働いていた時には考えもしなかった(というよりは考えられなかった)看護師として働くことの意味を異業種で働くことで感じたり、気づいたりする場合があります。

 

看護師を志した気持ち、看護師として自分がしたい看護、やりがいといったものに気づくことで今度は看護師として働きたい!と思うようになる人もいます。

 

周りからみれば遠回りしていると感じられるかもしれませんが、経験を積んで自分の持つ資格に気付きそれを活かす道へと自分から進んだことに意味があるので、そうした看護師は非常に強く、成長すると考えられます。

 

給与に満足できなかった

異業種に転職して感じる代表例と思いますが、看護師の給与と比較して下がる場合が多く、年収で100万円ほど違ったりする場合があります。

 

自分の興味のある職種と転職したが給与が安く続けられないと感じる看護師は多くいると思います。

 

給与が全てではないにしろ、多く給与をもらうことを嫌と思う人はいないでしょう。

看護師は患者の命に携わり、預かる責任がありますし、医師やコメディカルと共に最適な医療・看護を提供した結果に頂くものですから、その対価としてはまだ看護師の給与事情も改善の余地があると思っている人も多いのが事実ですが、異業種と比較すると満たされる額にはなります。

 

全国どこでも働くことができる

病院や施設など看護師を必要とする職場は多くあり、就職に困らないのが実際です。

生活環境が変わり職場を変更しなければならないとなった場合にも容易に転職が可能となりますから、資格の強みを活かすことができるため、看護師として復職するという人もいます。

 

また看護師不足はどこも同じであり、ブランクがあっても資格があれば転職受け入れ可能であったりすることが看護師として復職する理由となります。

 

まとめ

看護師から別の職種へ一度は道を変えた場合でも、看護師としての資格はなくなりませんから、その強みは一生ものであるということがおわかりいただけたでしょうか。

人生一度きりですから、自分の可能性を求めて異業種に就く人もいるでしょうが、何かあったら看護師としても道がまだ残されていることを後ろ盾に取り組んでほしいと思います。

また看護師としての職場も数多くありますから、一施設で無理だったからと諦めずあなたに合う職場はありますからチャレンジしてみてください。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket