看護師をやめるタイミングは?新人・異動を期に転職!
Pocket

看護師の転職事情は賑わっており、看護師不足も叫ばれる中、看護師がいつでも辞めて問題ないのかという問題ですが、そうとは言えないのが実際で、退職を考えた場合に辞めるのに適したタイミングがあります。

つまり退職しない方がよいタイミングもあるため、今回はそれらをまとめてみたいと思います。

看護師をやめるタイミングは?新人・異動を期に転職!

看護師を辞めるのに適したタイミング

看護師辞めたいと思っていてもいつでも辞めては損をすることもあります。

退職するのに適したタイミングがあり、円満退職を目指すならばそれら適した時期に退職を検討することをおすすめします。

 

3年度末

一番適している時期と言えるのが、年度末である3月末です。

年度末はスタッフの異動や退職者もいる時期であるため、看護師の確保に病院も動く時期であり、退職を検討する看護師にとってスムーズに転職を進めることが可能といえます。

単に退職するだけでなく、転職を考える上でも入職しやすく新しい職場での働き方も考えやすいことがタイミングとしても適していると言えます。

 

冬のボーナス支給後

冬のボーナス後である12月末も退職に適していると言えます。

こちらも年末であることと、評価の面で1月から新しく評価が始まることもあり、転職に及びやすいことも要因です。

そして、転職先からすれば、新年度になる前の時期に集中して指導も行うことができ、新年度から戦力として働いてもらえるようにと求人面でも募集が多いといえます。

 

夏のボーナス支給後

夏のボーナスは病院により時期がやや異なりますが、夏のボーナス後も退職に適していると言えます。

冬ほどではないにしろ、ボーナス後は退職者が一定数いることがあり、そのために求人も増えます。

単に退職するだけでなく、求人があることも重要な要因です。 

看護師転職を考える時期

看護師はその時々に退職や転職が頭によぎるのはよくあることです。

特に新人看護師は常にそう思っていると言っても過言ではないかもしれません。

そうでなくても、環境が変わる時に考えることがあるといえます。

 

新人看護師

新人看護師は職場に慣れるまでにさまざまな壁を乗り越えていかなくてはなりません。

就職してから約3ヶ月は職場の雰囲気や人間関係に慣れる時期であり、一生懸命に取り組んでいることでしょう。

しかし、何かのきっかけでそれが崩れてしまったりすれば辞めたいと思ってしまうでしょう。

 

そして、6ヶ月ほどすると業務を任されるようになってきて、早いところであれば夜勤なども入ってくるでしょう。

そうすることで業務量が増え、ミスを起こすかもしれないという不安と多忙に撲殺されるようになると余裕がなくなり、辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

 

また1年を期に退職を考えるという新人看護師もいるかもしれません。

このように新人看護師は1年間の中でさまざまな場面に遭遇して辞めたいと感じることでしょう。

 

異動を期に

看護師の異動も辞めたいと思わせる要因になりえます。

看護師における異動は組織の意向が強く、看護師自身の希望によるものは少ないためです。

それはつまり、モチベーションを下げる要因になり、意欲を削がれた看護師は転職を検討するようになる場合があるためです。

また、異動を期に自分のやりたいことが見つかって転職を検討するケースもあります。

看護師は比較的狭い範囲での活動が多いため、新しい刺激に出会うことが少ない印象です。

研修や学会など外に出ていく看護師は視野も広く、よりその傾向が強くあると言えます。

 

常に辞めたい

例外とも言い切れませんが、事あるごとに辞めたいと言っている看護師はいないでしょうか。

看護師のストレス耐性も差があり、ちょっとした出来事で精神的に揺らいでしまい、辞めたいと思う看護師もいることを。

そうした看護師は円満退職と言っていられない場合もあるので自分のタイミングを優先しましょう。

 

看護師の転職活動

辞めたいと言っても実際に行動しない看護師もたくさんいます。

転職がめずらしくなくなっているといっても不安があり、なかなか行動に移せないのだと思います。

いきなり転職は無理でも少しずつ行動してみましょう。

 

転職サイトに登録

転職サイトに登録して情報を集めることをしましょう。

情報弱者はどの世界でも苦労しますし、失敗に終わってしまうかもしれません。

今の自分の状況がどうなのかを確認するとともに、転職サイトに登のエージェントに相談することで世間を知ることができるかもしれません。

客観的な意見で自分を見つめ直すことができるといえます。

 

自分でも情報収集

ホームページやハローワークなど転職サイト以外のツールも使います。

一番怖いのは思い込みや偏った情報で間違った行動をしてしまうことです。

そのため気になることがあればそれが解決するように情報収集するようにします。

転職活動は情報戦と言っても過言ではないです。

 

まとめ

看護師を辞めるタイミングといってもさまざまなケースがあり、自分の評価及び転職を考えた適したタイミングがありますが、みんながみんな円満退職を考えてできるわけではありませんし、事情に合わせて進めるものです。

多くの悩む看護師のみなさんの少しでも参考になれば幸いです。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket