看護師を辞めたい3年目!転職の時期を逃さないための方法とは?
Pocket

この記事は、転職を考えている3年目の看護師に向けて書いていきたいと思います。

3年目は、本格的に転職を考える人が増える時期です。

「3年経ったら1人前」、「3年の経験があれば就職に有利」といったことを聞いた人もいるのではないでしょうか。

しかし、辞めたいときが辞め時であるということを、ここではお伝えしていきたいと思います。

 

看護師を辞めたい3年目!転職の時期を逃さないための方法とは?

 

3年経ってから辞めるのがよいと言われる理由

 

 3年間の病棟経験を経た看護師というのは、病院にとって都合のよい存在です。

 新人教育カリキュラムからいって、一通りの看護技術を身につけて、一人で考え行動できるようになっています。まだまだ成長途中ですし、一方で専門や役職が定まっていないので、扱いやすさもあります。

 結婚や出産というイベントによる退職にもまだ余裕がありそうです。

 あるいは、奨学金を受け取っている人は、3年間勤めれば返済不要などの条件があるかもしれませんね。

 

このように、3年経ってから辞めるのよいと言われる理由は、かならずしもあなたの技術が転職に必要なだけ、

身に着いたというよりも、所属している病院の都合によるものが多いことがわかるかと思います。

 

 また、転職先の病院としても、新人研修が終わっているならば、その分研修や教育に割くコストが減るので助かりますし、上に述べた今所属している病院と同じような印象を抱くわけです。

また、特に根拠なく、3年働いていれば看護師として1人前という思い込みもあって安心するのかもしれません。

 

 このように書きますと、やっぱり3年経ってから辞めた方がいいのかと思われるかもしれません。

 しかし、ここでお伝えしたいのは、3年経ってから辞めるがよいと言われる根拠は、あくまでも、病院側の都合によるものに過ぎないということです。

看護技術といっても、あなたがいま所属している病棟によっても全然違いますし、みなさん個々の能力や、成長のペースによっても大きく差があるでしょう。

 転職先の病院が求める技術も、病院によってバラバラでしょう。

 ですから、あなた自身が3年という経験年数にこだわる必要はありません。

 

いつ辞めるのがよいか

 では、どのタイミングで辞めるのがいいかということについてです。

 結論は、あなたが辞めたい時期に辞めるというのが正解です。

 

 あなた自身が辞める時期が来たと感じたときが、辞める時です。

 

 このように言いますのは、所属している病院を辞めたいと思ったときに、様々な「辞められない理由」が出現するからです。

 

病棟が人手不足で迷惑がかかわるからとか、プリセプターをしていて新人に迷惑がかかるからとか、

親が辞めるなというとか、辞めるっていったらいじめられたらどうしようとか色々な辞められない理由が浮かんできます。

 

すると、あなたは、せめて今年度いっぱいは働こうとか、

来年度の6月のボーナスを受け取ってからにしようなどとずるずると退職時期を延ばしていくことになります。

 

そうこうしているうちに、他のスタッフが続々と辞めていきますので、

少し退職者が落ち着いてからにしようとか思って待っていると、一生辞められなくなります。

 

退職するまでに、次の転職先を決めるとか、ちゃんとした理由がないと辞めにくいとか、

誠実なあなたは色々考えてしまうと思いますが、退職というのはそれなりにエネルギーを使いますから、

余計なことに力を使っていると、それだけで疲れてしまうのです。

 

 余裕があればできることは色々ありますが、あなたが本気で辞めたいと思っているならば、

辞めることに全力を尽くしましょう。辞めたいときに、退職届を提出する。これが最も大切なことです。

 

転職をアシストしてくれるサービスの活用

 

ここまでやや極端に感じられたかもしれませんが、退職のタイミングについて、あなたが辞めたいときに辞めたらよいということを述べてきました。

これは原則です。法律もあなたの退職を縛ることはできません。

念のため、法律上は2週間前までに退職届を出すよう定められていますし、

会社の就業規則では、1カ月前までに退職届を提出などと定められていることがありますので、そのあたりは確認した方がよいでしょう。

 

もし、辞めたいのに辞めさせてもらえないという事情があれば、弁護士事務所に相談してもよいでしょう。

別に病院と裁判しなさいということではなくて、法律上のきちんとした知識を踏まえることで、退職しやすくなるからです。

 

病院はあなたにやめてほしくないので、法律上の決まり以外に、マナーだったり、

あなたの感情レベルに色々と辞めにくくなるように働きかけてくるでしょう

ですが、法的に問題がなければ、粛々と退職手続きを進めていけばよいのです。

 

また、転職エージェントを利用するのもよいでしょう。

転職エージェントは、あなたの意向やキャリアから、あなたにあう転職先の候補を探してくれますし、

転職がスムーズに進むように、面接の設定や必要な準備についてのアドバイスを無料で具体的にしてくれます。

 

大切なことは、どのような未来を描くか

退職することも転職することも、難しいように思えますが、実際やってみると大したことはありません。

きちんとして手順を踏まえていけばおおむねスムーズに進むでしょう。

あなたの上司が退職をとどまるように説得するのは、あなたが退職の意向を撤回するかもしれないと期待するからです。

あなたが断固たる決意で退職を決めれば、事情は聴かれるでしょうが、そこまで強く引き留められることはありません。

 

まとめ

 

大切なことは、あなたが退職、転職という先にどのような未来を描くかです。

3年間で基本的な看護技術と看護師としてのふるまいを身につけたあなたが、

これから、新しい環境でどのような専門性を身につけていくのか、あるいは、どのような働き方をしたいか、

どのような場所で暮らし、何に重きを置いた人生を過ごしたいのか、そういったことをしっかりと考えていきましょう。

 

 今、辞めるかどうかで思い悩んでいるあなたが、ご自身にとって最善の選択をし、充実した人生を送れるように心から願っています。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

 

Pocket