看護師を辞めたい5年目の責任!仕事できない苦悩から脱出!
Pocket

看護師を辞めたい5年目の責任!仕事できない苦悩から脱出!

看護師として働き始め、5年目になると、辞めたくなる人が増えてきます。

もちろん、それ以前にも退職者の多い看護業界ですが、

今回は、5年目看護師の辞めたい事情について深堀りしてきたいと思います。

看護師5年目に辞めたくなる3つの理由

  • わりに合わない責任の重さ

  5年目看護師は、職場の業務に精通し、後輩を指導する立場です。

病棟スタッフ全体を見渡して、

病棟業務がスムーズに回るようにリーダーシップを求められます。

  しかし、どんな職場にも足を引っ張る人や馬が合わない人がいるものですよね。関わりたくなくても、中堅看護師として関わらざるを得ませんし、

看護はチームで取り組むもの。

スタッフみんなの思いに配慮しながら進めていかなければなりません。

さまざまな思いの間に立って苦しむことになりがちなのが5年目なのです。

 

  5年目ともなるとチームリーダーをしたり、

早い人なら主任などへの誘いがあったりしますね。

新人指導をする指導者をフォローする立場についたり、

委員会でプロジェクを任されたり、目の前の業務だけでなく、

病棟を俯瞰する力、病棟を超えた視点を要求されるようになります。

 

  通常の病棟業務でも、リーダー的役割を期待され、

後輩のフォローや急変時の対応なども任されるようになります。

  このように5年目看護師は、大半の業務ができるようになっているがゆえに、

多くの業務を振られてしまい、

 

結果として過重な責任と負担を抱え込んでしまいがちなのです。

おまけに、新人の頃にはいた仲の良い同期もしばしば転職してしまっており、

案外孤独な5年目なのです。

 

  • 給与と待遇への不満

  このように、リーダー的な役割を求められ、業務的にもより責任の大きいものがのしかかってきてしまいがちな5年目看護師ですが、それに見合った給与や待遇は、大抵の場合保障されません。

 

責任の大きさの割に見合わない待遇に欲求不満がつのり、辞めたいという思いをどんどん育んでいくのです。

  あるいは、一人前の看護師として自立し、業務に余裕が生まれるがゆえに、他の施設の給与や待遇も気になるようになるかもしれません。

 

  • これからの人生について考える

  多くの看護師は20代後半で5年目を迎えます。

女性が圧倒的に多い看護業界ですから、結婚や出産について考えますし、

これからの自分のキャリアについて具体的な悩みが出てくる時期ですね。

結婚や妊娠を機に退職を考える人も多いでしょう。

 

看護師やめたい時の3つの対処法 

  • よい人間関係と働きやすい環境をつくる

  まずは王道ですが、今いる職場でがんばるという選択があります。

たしかに、看護師5年目の責任の大きさに怯み、

自分は仕事ができないと落ち込むこともあるかもしれません。

しかし、それは看護師としてさらに成長していくひとつの試練です。

  その試練をひとつひとつ乗り越えていくことで、

あなた自身が病棟のキーパーソンとして、より働きやすい職場づくりに貢献していくことができますし、決して少なくないやりがいを感じるはずです。

  それはかならずしも管理職を目指すということではありません。

プライベートを充実させつつ、自分のペースでストレスの少ない職場で働き続けられるのはそれだけで価値あることです。

 

5年のキャリアのあるあなたならば、職場を居心地のよい人間関係構築のために働きかけることができます。

 

  • スペシャリストを目指す

  もしあなたが、特定の分野に強い興味を抱くのであれば、

認定看護師や専門看護師などの資格取得を目指すことをお勧めします。

こうした資格を取得するには、5年間の臨床経験が必要ですので、5年目看護師はその条件を満たします。

 

こうした資格は数ヶ月から数年の専門教育を受ける必要があるので、職場の理解や経済的な保障が必要ではあります。

それでも、全国から集まった同じ志をもつ仲間たちと学べる機会は得がたい資産になることでしょう。

 

長い研修期間を経て、多くの専門知識を得たあなたの責任はむしろ大きくなるかもしれませんが、自信をもって切り開いていけるでしょう。

 

  • 思い切って辞める

  退職は、ともすればネガティブな選択と思われるかもしれません。

しかし、5年間の看護師経験があれば、他の病院でも引く手あまたです。

息苦しい人間関係に我慢を重ね、強いストレスを感じるならば、自身の健康のために辞めるということを積極的に考えてよいと思います。

 

転職によって給与アップが望めますし、残業の少ない職場を選ぶこともできます。

 

5年間の社会人経験を経て、あなたはより広い視点で自分のキャリアを見つめることができ、最初の就職のときには考えられなかったような観点から仕事を選ぶことができるはずです。きっとあなたにあった仕事があります。

 

思い切って、看護師以外の仕事に就くこともいいでしょう。その際は、あなたの看護師としてのキャリアが行かせる転業を目指すことが望ましいでしょう。

 

まとめ

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

 看護師5年目独特の責任の大きさ、その責任ゆえに過重な負担を感じ、自分は仕事ができないと悩み、仕事を辞めたいと考えてしまう状況をまとめました。

同時に、大きな責任を持てるようになったからこそできること、よりよい職場づくり、専門性の追求などの可能性について提案しました。

そして、5年間のキャリアを活かして次の仕事に移っていくこともまた、積極的に考えてよいのではないかと思います。

 キャリアを積んできた5年目看護師のみなさんが、それぞれの現場で活躍し、健康で豊かな人生を歩まれることを心から願っています。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket