看護師に向いてない?辞めたいと思った時に乗り越える3つの方法
Pocket

自分は看護師に向いていないから辞めたいと思うのは、新人看護師に多いと思います。

・仕事を要領よくできない

・ミスをしてしまう

・キツい先輩との人間関係がつらい

こういったことから追い詰められている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな辛いときを乗り越える方法を3つお伝えしていきます。

看護師に向いてない?辞めたいと思った時に乗り越える3つの方法!

よく考えてみる

本当に向いていないのだろうか

看護師に向いていないと考える人が理由に挙げることが多いのは、要領よくできないことやミスをすること、テキパキ動けないなどです。

たしかに、こういう状態では病棟業務に支障があるかもしれません。

ですが、そもそも仕事というのは、よほど単純労働でないかぎり、色々と覚えることがあって、テクニックがあって、身につけるには一定期間必要ですよね。

看護師に限った話ではありません。

あなたが今看護師に向いてないと考える理由は、単に慣れていないからというだけかもしれません。

 

向いていないとして、辞めなければならないのだろうか

やはり自分は看護師に向いていないという結論が出たとします。

たとえば、患者さんに優しくしたい気持ちが湧かないとか、チームで取り組む病棟業務が性にあわないとか色々切実な根拠があるかもしれません。

ただ、仮に看護師に向いている人がいるとして、そのような人にしか看護師は務まらないとしたらどうでしょうか。

そんなことしていたら、看護師就業者数は激減すると思いますよ。

看護師はひとつの職業です。職業には、やるべきことが書かれていて、それをこなすのが看護師の務めです。

実のところ、あなたの優しさだとか、性格だとかはあまり求められていません。

 

求められている業務をしっかりやることができるかどうかなのだと考えたら少し気が楽になりませんか。

その上、看護師は特に女性においては、他のほとんどの仕事と比べて圧倒的に高収入です。

もしあなたがこれから医師や大学教授や大企業への就職を目指すなら別ですが、働けるうちは、看護師という仕事にしがみついておくのが、将来のためになるのではないでしょうか。

 

過去の自分と比べて成長していることはないか

まわりの同期と差が開いていくとか、先輩のように動けないとか周りと比べて落ち込む人は多いですが、それは言っても仕方のないことです。

それに、立派にみえる周りの人も、実は心の中であなたと同じように「劣等感」を抱えているかもしれません。

周りの人をよく見ることは大切なことですが、それによってあなたが落ち込んでしまうのではよくありません。そんなことをする暇があれば、過去の自分と比較しましょう。

3か月前、半年前、1年前と比べてできることがかならず増えているはずです。

検温だってまともにできなかったあなたが、そつなくできるようになっているはずです。

「そんなこと周りの人だってみんなできてることで・・・」って思いたくなるかもしれませんが、比較対象は自分だけでいいですよ。

自分の成長をきちんと確認しましょう。あなたは、仕事を続けることで確実にできることが増え、コミュニケーションスキルが向上し、看護師として成長しているのですから。

 

工夫できることはないか

色々とあなたは自分ができないと思っているかもしれません。

あれもできない、これもできないと焦っているかも。

とはいえ、一気にすべてのことができるようにはなりません。

 

でも、ひとつひとつなら改善点をみつけていけるはずです。ミスをするとか、テキパキできないというと漠然としていますが、処置を忘れないためにできる工夫はないでしょうか。

 

タイマーを使うとか、目につきやすいメモを貼るとかはどうでしょうか。

自分なりにこれなら大丈夫というものを増やしていってください。

点滴のチェックとか、リーダーへの報告とか仕事を細かくみていき、工夫できることはないか考えてみましょう。

 

行動してみる

工夫を積み重ねる

毎日の業務の中で気付いた工夫を一つずつでいいので積み重ねていきましょう。

それをどこかに書き留めておきましょう。

新しい処置や業務を覚えなければならないのにそんなことできないと思うかもしれませんが、1日や1週間では効果がみられなくても、1カ月や1年という期間でみると、ものすごい効果を出すものが世の中にはあり、これはその一つだと思います。

 

知識を増やす

知識は力です。

勉強が苦手といっても、あなたは看護師国家試験に合格しているわけで、相当勉強が得意な部類に入りますよ。

毎日の業務だけでも色んな知識を増やしていると思いますが、自分の病棟の領域の疾患やケアに関する知識を増やしていきましょう。あなたを助けてくれます。

 

リフレッシュする

 新人看護師なら、業務に疲れ果てて家では寝るだけという日々かもしれませんが、気分転換は大切です。運動したり、旅行にいったり、映画を見に行ったり、自分だけの休日の楽しみ方をみつけましょう。

転職してみる

だいたいは、上記をやっていくことで、苦しい時期を乗り越えることができます。

とはいえ、職場環境が悪い、人間関係が悪いといった、あなたではどうしようもできないことで辞めたくなることはあるでしょう。

 

また、向いてないと思っていても、環境を変えることで、あなたの本来の力を発揮できるようになる場合もあるでしょう。

そういうこともあるので、転職という選択肢も持っておくとよいでしょう。

転職エージェントなどに登録し、自分の適性や希望を把握していくだけでも、価値あるものだと思います。

 

まとめ

看護師に向いていないという悩みは少なくない看護師がもっていますが、本当に向いてない人は少ないと思います。あなたが充実した看護師ライフを送れるよう心から願っています。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket