看護師転職で大変なことは面接?押さえたい3つのポイント
Pocket

看護師の転職で大変といえば、どうやって円満に辞めるかといったところに目が行きがちですが、意外と抜けがちなのが、面接対策です。

実際私自身が転職経験をした際にも、履歴書は頑張って書いたものの、面接については直前になって慌てて対策したことがあります。

面接は、転職先の上司(看護部長など)と直接話をする重要な場になりますので、やはり前もって準備しておきたいところです。

 今回は、簡単ではありますが、面接にむけて押さえておきたい3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。その3つとは、

1.情報収集

2.質問への準備

3.当日の対策

です。それでは、順番にみていきましょう

看護師転職で大変なことは面接?押さえたい3つのポイント

看護師転職で必要な情報収集

情報収集は、転職希望先のホームページなどの公開情報から行ったり、直接行ってみて見学したり、聞いたりします。

情報収集と言っても、最初は、自分にとってよい待遇か、働きやすいかといった視点で情報を集めていくと思います。

しかし、この視点からだけだと面接対策としては少し弱いと思います。

今度は視点を変えて、情報発信者側、つまり、転職希望の病院がどういう魅力を発信したいと考えているのかという側面から情報を読み解いていきます。

面接の場は、あなたが、面接官から評価される場所です。

あなたがするべきことは、「この人は信用できる」、「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるように行動することです。

その際に強力な武器になるのは、事前情報です。

希望する病院自身が考えている魅力は何なのか、どういう人を求めているのかということが読み取れれば、面接の際、「どうして当院を希望されたのですか」という質問に答えることができますし、その答えが、病院の発信したいことと一致していれば、「分かってくれている」、「この人とはやっていけるかも」と評価されますよね。

ぜひ、病院が頑張っていること、伝えたいこと、魅力だと思っていることを見つけるための情報収集を行って下さい。

質問への準備

大手の転職紹介サイトなどに登録し、コンサルタントがつくと、面接練習を電話などでしてくれる場合がありますが、これは利用した方がいいでしょう。

面接の形態は病院、施設により様々です。

いわゆる面接のように、看護部長や事務部長などが並び、色々な質問を投げかけてくる病院もあれば、中小規模の病院などでは、看護部長とのフランクな会話で進む面接もあります。

それでも、基本的な質問の型を押さえ、それに対する回答を事前に準備しておく必要はあります。

どうしても面接中は緊張気味になりますので、必要なことを言い忘れたり、反対に言うべきでないことまで言ってしまったりということが起こります。

履歴書では見えてこない、人柄がにじみ出てしまうのが面接の場であると心しましょう。

面接での発言内容のよしあし以上に、「この人はこういう場にきちんと準備をしてこられる人」だという評価を得ることが重要です。以下に事前に用意した方がいい質問事項を列挙しておきますので、自分の言葉で答えられるようにしておきましょう。

なぜ当院を希望するのか

なぜ前の病院を退職したのか

いつから働けるか

看護師を目指した理由、大切にしている看護観

あなたの強みと弱み

こうした質問はかならず聞かれるものと考えて、簡潔に答えられるようしっかり準備しておきましょう。

ここで嘘を盛り込むと、実際に入職してから話が違うということになりますから、本当のことを書きましょう。

当日の対策

最後に当日の対策です。

当日は筆記用具など指定された持参物を忘れないようにしましょう。清潔でシワのないスーツなどのきちんとした格好で向かいましょう。

化粧もナチュラルメイクがよいですし、男性も髭はそり、髪を整えておきましょう。言葉遣いは丁寧に、はっきりと話し、笑顔を忘れないようにしましょう。

忘れ物をしない、身だしなみに気を付ける、言葉遣い・姿勢・表情に注意する、こうしたことは、事前に指示はされませんが、普段のあなたの振る舞いや、面接という大切な場に対する意気込みといったものが如実に表れてしまいます。

履歴書では良さそうに思えても、実際に会ってみると、ちょっと一緒に働けないかもと思われてしまう可能性もあるため、十分対策をしていきましょう。

まとめ

個人的な考えですが、面接対策として、一般常識やマナーなどのマニュアル本通りにきっちりしなくてもよいとは思います。

とはいえ、面接はある種のお見合いや初デートに近いと思います。相手に嫌な思いをさせない、可能な限り好印象を与えるということが大切です。

そのためには、相手が何を望んでいるかを知るということが大切です。

必要以上にへりくだる必要はないですし、威張る必要もありません。しっかりと情報収集をし、必要な対策を一つひとつとっていくことで、自然と自信が生まれ、相手の信用を得られます。忙しい中で面接準備をしていくのは大変だと思いますが、できるところから少しずつ始めてみてください。

あなたの転職が成功することを心から願っています。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket