看護師転職はギャップとの戦い!失敗ばかりから脱出方法
Pocket

看護師は売り手市場とよく言われ、実際転職に困ることはありません。

しかし、その転職が全て成功と言えるかどうかは別問題です。

安易な転職は後に後悔することもあるため、自身が失敗しないようにこのページを活用してください。

 

看護師転職はギャップとの戦い!失敗ばかりから脱出方法

看護師転職のギャップは必ずある

まず覚えておいてほしいことは、自分が求める完璧な職場はないということです。

つまり、今勤務している職場も含め、ギャップは必ずあるということです。

しかし、その中でも転職を考えるに至った背景には相当のものがあることでしょう。

その決断が失敗にならないように、原因をしっかり理解して行動するようにしましょう。

労働環境が思っていたものと違った

求人情報や面接では自分の求める条件を満たしていると思い、いざ勤務してみると全く違った。

というケースもあります。

特に、教育・指導面で事前に聞いていたものと違って戸惑ったケースや希望する部署への配属がされなかったりと問題になるケースは意外と多いと言えます。

そう言ったところから、求人情報を鵜呑みにすることはオススメできません。

転職活動をするからには前職での環境に対する思いがあるでしょうから、その不安な部分について確認を行うことが必要といえます。

給与・待遇が違った

求人情報、面接で聞いていた条件と異なることも起きているようです。

特に収護師からすれば死活問題と言えるでしょう。

入職してからこのような自体にならないように、提示された内容は内定通知書など書面にしてもらい確認しましょう。

人間関係が悪い

求人情報や面接ではわからないのが、人間関係の問題ですね。

人間関係が問題で転職をしたのに、また人間関係が問題で悩むことになっては本末転倒ですからね。

実際に自分で感じなければわからない問題ではありますが、職場見学などをすることで実際の自分の感覚で職場を感じることで自分に合うかどうかの判断材料になることでしょう。

施設間のギャップ

施設ごとに設備も違いますし、教育体制、採用している消耗品も違います。

教育がしっかりした施設であればすべてが整っているかもしれませんし、クリニックや個人病院、介護施設など規模が小さくなることで、考え方や看護の実際が古いと感じてしまったり、逆にわからなくて困るといったことはあるので、わからない事については新人看護師になったつもりで謙虚に確認することをしましょう。

あまりにもかけ離れてしまうと仕事をする上で支障を来たす場合もあるので、事前に確認できることは確認することを心がけましょう。

看護師転職失敗からの脱出

転職を考える看護師がどうして失敗するのでしょうか?それは一言で言えば、情報収集不足につきます。

しかし、実際に失敗で終わるわけにもいきませんし、そもそも、自分が転職するとして自分の転職が失敗してしまっては意味がありません。

転職の理由を明確にする

何をするにしても、目的や理由がなければ長続きしません。

転職においても、新しいことにチャレンジするというエネルギーを必要としますから、中途半端な理由では転職活動すら辞めてしまいかねません。

また、転職先を決定する際の根拠にもなりますから、目的や理由がしっかりあることは失敗しないためのはじめの一歩といったところでしょう。

情報収集をする


転職するために必要なことをリサーチするわけですが、転職前に分かることと転職後に分かることがあります。

転職前に分かることは求人情報に書かれていることの真意を調べることである程度の予測ができ、転職するか否かの判断材料になります。

転職後に分かることは、職場の雰囲気や人間関係、教育体制などで求人情報や面接では気づきにくいことです。

このように気になる点があるならば、転職サイトなどのエージェントに代わりに内情を確認してもらったり、見学させてもらい雰囲気を直に感じることで、転職後の失敗を極力減らすことができるでしょう。

失敗したらすぐに転職を検討する

あなたの時間は限られています。失敗したのであれば、その貴重な時間を我慢して過ごす必要はありません。改めてここまで見てきたことを整理して転職活動を再開しましょう。

まとめ

看護師は求人が途切れることはありません。

それだけ売り手市場といえますが、求人が出続けている理由もあるわけです。

あなたが求める条件に全て当てはまるということは限りなくゼロに近いでしょう。

しかし、優先する条件を満たすものはあると思います。その魅力的な求人に対して、喜ぶだけでなく看護師側からのチェックを入れて、本当に自分が転職するべき職場なのか判断するくらいの心構えが必要です。

例え失敗したとしても、看護師として求められる場所はたくさんあります。失敗しないに越したことはありませんが、自分が優先すべきものは変わることもありますから、その都度条件を見直して、自分の目標とする看護が行える場所を求めて頑張ってみてください。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket