看護師転職ランキングベスト7!
Pocket

転職サイトは数多くありますが、その中で本当に良いサイトはどこかと悩むと思います。

看護師の転職で多く利用をされている転職サイトですが、さまざまな見方ができ、評価もいろいろありあす。

オススメとなるサイトをランキング形式でまとめてみました。

看護師転職ランキングベスト7!

看護師転職サイトについて

転職サイトについて知らない人はいないかもしれませんが、漠然としている看護師もいるかもしれません。

看護師の転職において、求人情報を取り扱っているだけでなく、条件交渉や面接サポートや転職(後)までのサポートを無料で行ってくれるサービス提供している企業です。

ただし、どの転職サイトでも同様のサービスを受けられるのかというとそうではなく、得意分野があったり、全国対応や地域に特化していたり、エージェントとの相性などがあるために一様にどれが一番良いというのはありません。総合的に判断して、あなたが一番活用できるサイトを利用してください。

 

転職サイトランキング

おススメと考えられる看護師転職サイトをランキングしました。

1

看護のお仕事

2

ナースではたらこ

3

マイナビ看護師

4

看護roo!

5

ナース人材バンク

6

ナースフル

7

医療WORKER

以上の転職サイトであなたに条件面があうものを活用されると良いと思います。

情報収集目的での活用も良いと思いますし、複数登録してより良い条件で転職活動が成功となるように活用してください。

 

1位 看護のお仕事

レバレジーズメディカルケア株式会社が運営

12万件の事業所の求人取り扱いあり、公開求人約5万件、その他非公開求人の取り扱いもあります。

転職先の内部事情も把握しているので、多くの求人情報を得ることができ、あなたに合う条件を見つける(交渉する)ことができるのではないかと思います。

また全国対応しており、面接や退職のサポートなども徹底的しており、心強いといえます。

 

2位 ナースではたらこ

ディップ株式会社が運営しています。

公開求人約9万件を取り扱い、特にクリニック求人に強いのが特徴といえます。

また逆指名というサービスを対応しており、気になる病院などがあれば募集がないかの確認を行って、交渉してくれるという点がおススメです。

サポート体制も24時間電話対応など非常に充実しているので利用するにも安心です。

 

3位 マイナビ看護師

株式会社マイナビが運営しており、転職などのノウハウについての情報も充実しています。

公開求人約3万件、その他非公開求人取り扱いもあります。転職におけるノウハウにて充実したサポートを提供

全国対応しており、72ヶ所の拠点で安心です。

 

4位 看護roo!

株式会社クイックが運営しています。

公開求人約5万件を取り扱い、面接同席サポートなど対応も充実しています。

拠点が4ヶ所と主要都市に集中している点から、利用の際には注意が必要です。

ナースの転職ガイドブックを登録してもらうことが出来、転職活動に不安のある人にとって非常に良いものであり、これを手にする意味でも登録してみるのも良いかもしれません。

 

5位 ナース人材バンク

株式会社エス・エム・エスキャリアが運営、ナース専科も運営しています。

公開求人約10万件を取り扱い、全国展開のため利用して使えないということはないでしょう。

年間10万人以上が利用していて、自社アンケートで満足度98.8%とサポート体制の自信もみせています。

 

6位 ナースフル

株式会社リクルートメディカルキャリアが運営しています。

公開求人約8000件と少ないですが、公開されない求人がほとんどであり、約7万件が非公開求人となっています。

全国対応ですが、拠点が4ヶ所と少ないため場合によっては利用しにくい場合があります。

 

7位 医療WORKER

株式会社TS工建が運営しています。

公開求人約5万件を取り扱い、特に企業看護師の取り扱いが多いのが特徴です。

全国対応しており、他の転職サイトで希望がない場合に活用できるサイトといえるかもしれません。

 

転職サイトのメリット

転職サイトには多くのメリットがあります。それらをみてみましょう。

 

求人を探す時間を短縮

希望する条件を登録、担当と話しておくことで希望に沿った求人を探してくれるので、働きながら転職活動を行う場合に非常に時間短縮に繋がります

また条件が変わったりした場合にも速やかに対応してもらえるので非常に助かります。

 

条件の交渉を代行してもらえる

自分では交渉しにくい条件面も面接にたどり着くまでに確認してもらって、条件面も転職してから違ったということがないようにすることができる。

そのためしっかりと担当と話をして譲れない条件や妥協案などを整理しておくことで最大限活用することができます。

 

転職活動に不慣れな人

書類や面接支援といった確認しにくいことをその道のプロからサポートを受けることができるので活用しない手はないです。

 

転職サイトのデメリット

転職サイトを利用して失敗したという例もお伝えします。

 

しつこい電話

必要事項登録を済ませるとすぐに確認の連絡がきます。

その後も必要以上に電話をかけてくるというサイト・エージェントも少なからずいます。

その場合は担当を変えてもらうか利用を辞めることを勧めます。

 

希望しない転職の強要

求人紹介が条件と見合わないのに強引に勧めてくるケースもあります。

ないならないと言ってくれればよいのですが、内定にこぎ着けたいという気持ちから、利用者の意向を無視して勧めるところは早く担当を変えるか利用を辞めましょう

 

エージェントと合わない

人間対人間なので合わないこともあります。

その時に遠慮してはダメです。

あなたの大切な転職活動を担ってもらう人に妥協したんでは良い求人に巡り合うことができなくなりますから、すぐ担当の変更を願い出ましょう。

 

まとめ

転職サイトはツールとして活用することであなたの転職活動を優位に進めることができます。

しかし、何でもかんでも使えばいいわけではありませんから、しっかりと自分が活用しているという認識のもと、自分主導で進めていく必要があります。

そのため納得できない場合や担当と合わない場合には別のサイトを利用するという決断も行わなければなりません。

利用者の目的、境遇が千差万別なので、ランキングはあくまでも参考にしかなりません。あなた自身がうまく活用することで情報が活かされていくのです。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket