新人看護師はすぐやめる?やめたい気持ちを転換する方法
Pocket

4月に入社した新人看護師のみなさんは、5月、6月と経る中でどんどん経験を積み、知識を増やしていっていると思います。

 

一方で、あこがれていた看護師の仕事の現実を知って幻滅したり、あまりの仕事の忙しさや覚えることの多さに疲れ果てているかもしれませんね。

 

なかには、もう辞めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

もちろん、新人だろうと仕事を辞めてはいけないという法律はありません。身を崩してまで働くことはありません。

 

とはいえ、できるかぎり、新人時代は辞めずに過ごし、一人前になるまで継続して働くことが望ましいのは言うまでもありません。

今回は、ちょっと辞めたい気持ちになっている新人看護師さんの背中をそっと押す、辞めたい気持ちを転換する方法をご紹介したいと思います。

新人看護師はすぐやめる?やめたい気持ちを転換する方法

辞めない方がいい理由

とにかく歯を食いしばってがんばれと言われても、理由もわからず辞めないで続けるのは大変なことです。

そこでまず、新人看護師が辞めない方がいい理由を3つ紹介したいと思います。

 

辞めてもいいことがあるとは限らない

世の中には甘い誘いがたくさんあります。

今はインターネットで様々な情報があふれていますから、楽して儲けるといった話や、好きなことをして生きるといった誘いもたくさんあります。あるいは、嫌ならすぐに転職しても問題ないといった情報もあります。

 

たしかに、そのように生きている人もいるのだと思います。

転職を華麗に成功させている人もいるのだと思います。

ですが、それは少数の人であるということが忘れられがちです。

また、一般的に、インターネットでそうした情報を発信しているのは、単なる善意だけではなく、お金が絡んでいることが少なくありません。

 

新人時代は、厳しく大変な時期ですから、そうした時期にはこうした誘いに乗ってしまいたくなりがちです。

ですが、ほとんどの人にとって、辞めていいことはありません。

転職ももちろん可能ですが、現状より劇的によい職場になることはありません。

今いる職場で新人時代を乗り越えることが、実はもっともなだらかで確実な道のりであるといえます。

 

知識・技術の基礎は新人時代につけておくのがよい

看護師として働く限り、一生知識と技術を磨いていく必要があります。

ですが、一番の基礎は新人時代に身につけていきます。

 

この時期の学びが最も濃密で、伸びしろがあります。新人時代は、先輩がもっとも手をかけてくれる時期です。

たしかに鬱陶しいかもしれませんが、2年目以降はほとんど放置になりますから、最初の一年は看護師として飛躍する絶好の機会なのです。

 

看護師は安定した職業である

看護師という仕事に幻滅し、看護師自体を辞めたいと思っている人もいるかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

看護師を目指した人の中には、「手に職をつける」ということを意識していた人もいるかもしれません。実際その通りなのです。

 

数十年後はわかりませんが、今後10年以上は、これほど引く手あまたで、経済的に安定する職業はありません。

特に女性の場合、残念ながら一般職の給与は看護師よりもぐっと低い傾向にあります。

 

また、看護師の社会的信用は非常に高いものです。

私たちは当たり前過ぎて意識していないかもしれませんが、クレジットカードやローンの審査にすぐ通るのは、決して当たり前のことではないのです。

 

気持ちを切り替える方法

ここまで、看護師の強み、新人時代に辞めない方がいい理由を説明してきました。

とはいえ、辞めたい気持ちが一旦湧いたら、これを抑えるのは大変なことも理解できます。

毎朝の憂鬱な気持ちにも共感できます。

嫌な先輩の顔を見たり、声を聞いただけで胃が縮みあがります。そんな状況をどうやって切り替えたらよいでしょうか。

 

生きているだけでハッピーだと思う

嫌で嫌で仕方ない状況にある人にできる助言は、究極的にはこれだけです。

たしかに、新人時代は辛く、先輩は怖く、課題は多い。ですが、それで死ぬわけではありません。

いま、あなたは生きていて、それだけで素晴らしいのです。

 

だから、少々先輩に怒られようと、仕事でミスがあろうと、大したことはありません。

生きているんだから、それだけでよいのです。

まずは、この地平に立ってみましょう。

 

嫌だと思う気持ちすら、生きていればこそ味わえる感情です。

このように、生きていることそれ自体を幸せに思ってみる練習をしてみてください。

やればやるほど、不思議と勇気がわいてきます。

 

3年計画で仕事する

3年後に一人前の看護師になればよいのです。

別にいますぐ自立しなくて構いません。

 

覚えるべきことはたくさんあり、一気に詰め込むのは不可能です。

しかし、先輩たちは、そんな現実を忘れて一刻も早く独り立ちさせなければならないと迫ってくるかもしれません。

ですが、そもそも無理なのですから、焦っても仕方ありません。

3年後に1人前になればいいという気長な目標を立てた方が、日々の業務をゆとりをもって取り組めますし、周囲の声もあまり気にならなくなります。

 

まとめ

誰だってせっかく入社した仕事を喜んでやめたい人はいないと思います。

こんなはずじゃなかったと辛い気持ちになっている人も多いと思います。

ひどいいじめやパワハラを受けてしまっているなら話は別ですが、考え方次第で気持ちが切り替わることはよくあることです。

肩や胸に手をおいて、手の温かさを感じてみてください。

ゆったりとリラックスした気持ちになって、いまと違った考え方をしてみてください。みなさんが看護師として活躍されることを心から願っています。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

 

Pocket