看護師転職で辛いことは?就職お役立ちコラム
Pocket

看護師が転職することは珍しくありません。

しかし、転職する理由はさまざまであり、新人看護師から中堅、ベテラン看護師と転職するキャリアも違います。

転職して環境を変え心機一転と思って踏み出すも、思っていたものと違うということもあり得ます。

みなさん希望を持って転職をしたのに、それが辛いものだとしたら失敗したと思うことでしょう。

このページでは転職について、辛いと思われることを書いています。それらを参考に転職について考えてみて下さい。

看護師転職で辛いことは?就職お役立ちコラム

看護師転職の理由

転職する理由はさまざまですが、代表される理由をあげてみます。

・人間関係(いじめ、パワハラ含む)

・労働環境の不満

・上司・経営者への不満

・給与・待遇の不満

・仕事内容の不安・不満

・スキルアップ

・昇進・評価の不満

・結婚・出産など家庭の事情

などありますが、理由を見てわかるように多くは誰しもが感じたことのあるものです。

人それぞれ感じ方は違いますから一概には言えませんが、度が過ぎれば誰でも転職を考える理由になるということです。

 

看護師で転職したのに辛いこと

さまざまな理由から転職することでそれまで辛かったことを解決したいと誰しも思うところですが、そううまくいかないのも看護師の転職事情です。

「求人情報に載っている条件などが就職してみたら違う」

「人間関係・雰囲気が悪く馴染めない」

「給与が下がってしまった」

「教育・設備が古く、新しいものが取り入れられない」

など就職するまで見えない・分からない情報がたくさんあることがひとつ上げられます。

 

人間関係が悪い

人間関係に悩んで転職を決心した看護師にとってみれば死活問題です。

大きなトラブルはなくとも、怒鳴る人や無視する人がいたり、話をしにくい雰囲気であったりと転職して間もない時期にこのような体験をすると新しい職場に馴染めないと思ってしまいます。

また、スタッフ間での関係もギクシャクしているような場合も病院・施設全体の労働環境として続けるには難しいと感じてしまいます。

このように人間関係の問題が多いところはスタッフの入れ替わりも多いでしょうし、せっかく転職してもすぐに退職を考えてしまいますよね。

 

中途採用であるため即戦力とみなされる

これまでの経験は素晴らしいものがあると思いますが、転職先でいきなり実践を求められても、その施設の右も左も分からない状況で実力を発揮するとこは無理難題です。

看護師は所属した担当科によりさまざまな看護を学びますから、これまでと別分野であれば新しく学ばなければできないこともあります。

そしてその施設ごとの決まりやルールがありますから、中途採用者を教育することができない施設も問題があるといえます。

看護師が転職することは珍しくありませんから、経験もさまざまです。

特に経験が少なくて転職した看護師からすれば、「ここで心機一転、頑張ろう」と思って転職しているはずですから、中途採用者であっても教育体制の整っている場所を求めているでしょうから、注意が必要です

また、ブランクのある看護師の場合も勘を取り戻すのに時間が必要ですし、手技が新しくなっていたりと学び直すことが必要な場面が多いことでしょうから、教育体制が整っていないと困惑しますよね。

 

面接時と内容が異なる

面接時に「教育・指導体制はしっかりしているので、安心してください」と言われ実際就職すると、忙しくてオリエンテーションすらままならない。

マニュアルも長らく改訂・修正されておらず、聞ける人もいないような場合もあったりします。

また「給与内容が異なっていたり、面接時に確認した内容とかけ離れている」場合もあるかもしれません。

看護師は慢性的に不足状態にあり、病院・施設としては看護師の確保に必死です。

そんな中面接などでの印象を良いものにと、耳障りの良いことしか言わない場合があることを理解してほしいです。

つまり、転職者であるあなた自身が気になる点を聞くことで、面接時の内容と異なることを避けることができるのです。

もし質問をして、解答に詰まる・困るような場合には、その病院・施設に何らかの問題があるかもしれないと目を光らせる必要があると思います。

 

キャリアアップが見えない

キャリアアップのために転職を行った看護師からすれば非常に問題です。

もちろん就職してはじめはその病院・施設の業務を知ってからと考え取り組むのですが、いつまで経っても目的である仕事ができる状況でなかったり、そもそもその話を現場が聞いていなかったりということがあるかもしれません。

キャリアアップのための転職を考える看護師がそのような場面に出くわすことは稀なことかもしれませんが、今後キャリア形成を考えて転職する人はそこまで見越した職場探しが必要ですので注意が必要です。

 

まとめ

看護師の転職は珍しくありませんが、転職する理由に不満やストレスがありますから、安易な転職は後悔をする場合もあります。

新しく何かをするということはすごくエネルギーのいることですから、辛いと感じていることがあるならそこを明確にして、自分にとって何が大切で、何が許容(妥協)することができるのかを見つめ直してみてください。

自分の問題にまず気づくことで改善策が見えてくる場合もあります。

そして、客観的に周りを見て改善すべきことに向かって行動することで辛い状況を乗り越えていくことができると思います。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket