40代看護師の復帰や転職は困難?再就職でも安心する方法
Pocket

40歳を超えて看護師として復帰したり、転職したりするのは少しおっくうになりますよね。

 

現場から離れて長いのに雇ってもらえるだろうか。

これまで働いたことのない場所でうまくやっていけるだろうか。

など、40代ならではの心配や不安もあると思います。

 

結論から言いますと、復職や転職は問題ありません。ただし、注意点もあります。

 

この時期の復職や転職の理由には様々あると思いますが、今回はあえて2つにしぼって説明していきたいと思います。

40代看護師の復帰や転職は困難?再就職でも安心する方法

夜勤のない職場に変わりたいケース

これまで病院の常勤看護師としてバリバリ働いてきたような人を想定しています。

40代になり、体力的にも夜勤のない職場で働きたいと思う人もいるでしょうし、早い人では子どもの教育費もあまりかからなくなってそろそろのんびり働きたい人もいるかもしれません。

 

親の介護などで、少し融通の利く職場がいいという人もいるかもしれませんね。

いずれにしても、病院から他施設へ転職したい人は少なくないでしょう。

 

その場合、選択肢となるのは、クリニックや診療所、介護施設、訪問看護、病院の外来勤務などが挙げられます。

こうした職場への転職でまず気をつけないといけないのは、病院での常識とは違うことが多いことです。

 

たとえば介護施設などでは、あくまでも生活をサポートする場所ですので、医療的な処置はほとんどありません。

それに現場の主役は介護福祉士ですから、看護医療的な視点から問題だと思ったことも、伝え方に配慮をしなければあなた自身が浮いてしまう場合もあります。

 

クリニックも基本的に医師との相性が合うか合わないかで働きやすさが随分変わってきますので、事前によく吟味する必要があるでしょう。

ただ、経験値の高い看護師を活用したいと考えている施設があるのもたしかです。

クリニックでも、認定看護師資格取得を支援しているところもありますし、介護施設でも看護と介護の視点をうまく融合させたいと取り組んでいる施設もあります。

 

長いブランクから復帰したいケース

看護師資格は持っているものの、子育てなどで長い間専業主婦をしていて、ようやく落ち着いてきたので、復帰を検討しているような方も少なくないでしょう。

このようなケースの場合は、目的をはっきりさせて、優先順位を決めていくことが大切だと思います。

どういうことかというと、たとえば、家のローンや子ども教育費の足しにするための家計補助的な働き方を希望するのか、それとも、もう一度看護師としてキャリアアップするために再出発するのかで仕事選びの方向性も変わってきますよね。

 

家計補助であれば、どのくらい給与があればいいのかによって、働く時間も変わってきますし、雇用形態を変わります。

看護師としてキャリアを再出発したいということであれば、常勤で働き始めるのが望ましいですが、子どもの病気のときの対応をどうするか、教育研修体制が整っているかなどをよく確認する必要があるでしょう。

 

働き始めてしばらく経過し、お互いのことがよく分かって信頼関係ができてくると、あなたに向いた専門分野が紹介されたり、おのずと見えてくる場合もあります。

 

職場の探し方

おすすめは、都道府県のナースセンターに問い合わせることです。

地域によっては、ナースセンターがハローワークに出張窓口を開いていることもあるので確認してみましょう。

一度窓口に行き、事情を聞いてもらうとよいでしょう。

ブランクがある場合は、座学や病院での実習もできるプログラムもあります。

 

もし、実習先の病院がよければ、そのまま就職することも可能です。

ナースセンターは厚労省の指定で日本看護協会が運営しているので、信頼はできますし、無料で利用できるのですが、紹介する病院・施設の細かな事情まで把握しているかは少し微妙なところです。

 

一方で、看護師紹介サイトは、民間会社が運営していますが、看護師の利用が多いため病院・施設について多くの細かな情報を持っている場合があります。

こちらも利用は無料です。

コンサルタントという担当者が、希望を聞いてくれ、それに沿った求人を紹介してくれますし、面接日の設定や、給与交渉もしてくれる場合があります。

ただ、コンサルタントによっては強引に紹介しようとする場合もあるので注意が必要です。

また、このサービスは、利用する看護師は無料なのですが、受け入れる施設は、紹介手数料をかなりの額支払うことになります(年収分の何割か)。

ですから、施設としては、できるだけ長く働いてくれ、即戦力になりそうな人を採用したいと考えるでしょう。

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

40代での転職や復職は大きな決心が必要でしょうし、抱えているものも色々とあると思います。そういう中で転職活動、就職活動をするのは身心にも負担のかかることです。

体の負担になりすぎないように気を付けて、あなたに合った職場がみつかることを願っております。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket