40代看護師の就職で面接・服装・マナーについて!お役立ち豆知識!
Pocket

子どもも小学校に入り、もう一度看護師として働こうかなと考えている方は少なくありません

 

看護師不足解消のために、看護師免許を持ちながら働いていない潜在看護師に復帰してもらおうと、国も後押ししています。

 

看護師の働き先は多数存在し、たとえパート勤務であっても、他の業種よりも時給がよく、活用しない手はありません。

 

40代という節目を迎え、もう一度看護師として働こうとされている方も大歓迎という状況です。

 

ただ、しばらくブランクがある人にとって、再就職に緊張される方も多いと思います。

 

まず、就職面接からハードルに感じる方もおられます。

 

面接のマナーや服装など就職活動依頼、あるいは看護師であれば就活すらしたことがないという方も少なくありません。

 

誰しも場違いな恰好をして面接に臨みたくないですし、好印象を与えて採用されたいものです

 

そこで、今回は、40代看護師で、ブランク明けに就職活動を始めようとしている方に向けて、面接の服装やマナーなどの豆知識をお伝えしていきたいと思います。

 

40代看護師の就職で面接・服装・マナーについて!お役立ち豆知識!

面接

40代でも採用されるのか

まず、ブランクもあって、年齢も必ずしも若くない40代で雇ってもらえるのかという心配をされている方がよくおられます。

 

病院現場で働く者の感想としては、全く問題ないので、早く来てください!という一言に尽きるでしょう。

 

どのような職場で働くかにもよりますが、看護師は常に不足しており、午前中だけでもいいから働いてほしいのです。

 

私の職場では、元気いっぱいの70代の看護師2人が走り回りながら働いています。

 

40代の看護師はまだまだ若いですから、年齢で不利になることはありません

 

ただ、常勤正社員として就職しようとした場合、誰でも彼でも採用されるわけではありません。

 

採用側が重視するのは、看護の知識や技術というより、職場で長く一緒に働けるか、常識のある人か、人間性に問題はないかということです

 

その判断基準の一つとして、外見、身なり、マナーといったところは見ています

 

したがって、ブランクはあまり問題になりませんが、一社会人として常識のある態度で面接に臨めるかということは意識すべきことだと考えます。

 

どのような服装をして面接に臨むか

面接の際の服装は、スーツか、スーツに準ずる服装が望ましいでしょう

 

スーツがない場合は、黒や紺、グレーなどで統一されたジャケットとパンツにし、インナーは白や薄ピンク、薄水色、ベージュなどのカットソーにしましょう。

 

スーツがあったとしても、20代で着たようなリクルートスーツは辞めた方がよいでしょう。サイズの問題もありますし、年齢に相応しいものを着た方が違和感がありません。

 

注意したいのは、スーツといっても、子どもの入学式などに着ていくタイプのものは華美な印象を与えてしまうので、避けた方がよいでしょう。

 

量販店の安価なものでも、新調した方が気合が入るという人もいるでしょうからご自身のスタイルに合わせて選んでいきましょう。

 

いずれにしても、しわや汚れはないように注意が必要です

 

冬場であれば、特に冷え性の人などは、スーツだけでは寒いということで、セーターやニットを着こみたくなる気持は理解できます。

 

しかし、着ぶくれした姿はあまりよい印象を与えません。

 

目立たない色の肌着(ヒートテックなど)を来て、可能ならスーツにあうコートを用意します。

 

靴はサンダルやスニーカーではなく、ローヒールのパンプスが望ましいでしょう。

 

身だしなみや身につけるものについて

医療機関などへの就職面接の場合、清潔感があるかどうかは大切な基準です。

 

化粧はナチュラルなメイクが基本

 

アクセサリーも結婚指輪以外は基本的に外しましょう。

 

ネイルもせず、短く切りそろえます。

 

髪の毛は長い場合はまとめた方がよいですし、白髪ケアもした方が若々しい印象を与えます。

 

カバンはリュックサックではなく、履歴書がそのまま入る、落ち着いた色のものにします。

 

ブランドもののカバンは避けた方がよいでしょう。

 

面接時のマナー

面接では、自信をもってハキハキとして受け答えを心がけます

 

疲れた表情で、自信がなさそうにしていると、相手も不安になってしまいます。

 

採用側は、看護師に本当に来てほしいと思っています。

 

とはいえ、あなた自身、本当に自分が働けるのか不安だったり、ブランクや年齢などが心配だったりすることでしょう。

 

そうした不安を持っていることは採用側にはっきりと伝えても構いません。

 

同時に、その不安に対して、どのように対処しようとしているかも伝えることができればなおよいでしょう

 

まとめ

40代での就職というとき、若いころとは違った緊張感や不安もあるかと思います。

 

しかし、成熟した年代ならではの力を発揮することは十分可能ですし、決して自信をなくす必要はありません。

 

そして、実は外見やマナーの準備をしっかりすることで、自信を持つことができます

 

自信は自分の心の中にあると思われがちですが、外側から持つこともできるのです。

 

そういう意味でも、分かりやすい服装から整えていくことで、自信をもって就職面接に臨んでいただけたらと思います。

 

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket