看護師の転職1カ月で辞めるには?早期退職の注意点!
Pocket

 

満を持して転職した職場が自分に合わない職場だったら、ショックですよね

 

誰でもできれば働き続けたいと思いますが、心身の調子を崩してまで働くことはできません。

 

直観的に無理だと判断したら辞めるという選択肢しかありません。

 

今回は、転職後1カ月などの早期で退職する際の注意点をお伝えしたいと思います。

看護師の転職1ヶ月で辞めるには?早期退職の注意点!

早期退職の理由

 

キャリアアップや、給与アップなど様々な期待をもって転職したにもかかわらず、辞めたくなる理由とはどのようなものでしょうか。

 

採用面接や、見学からだけではわからなかった職場の風土があります。

 

看護師の働く気概だったり、医師の治療方針、病棟の雰囲気、仕事に取り組む姿勢、人間関係などがありますよね。

 

たとえば、専門分野のスキルを高めたいと転職したのに、医師の治療方針が全然納得できるものではなく、看護師も投げやりな態度で働いていたといったこともあるでしょう。

 

あるいは、想定以上に残業が多く、それが当たり前の状況だったということもあるでしょう。

 

ひどい場合には、残業しているにもかかわらず、残業代を申請できない雰囲気の職場もあります。

 

看護部長などが説明する働き方と、現場の実状はギャップがあるものです

 

その差が大きいということは、現場の蓄積した不満が管理職に伝わっておらず、改善もされていない可能性があります。

 

退職までの流れ

職場の上司に退職の意向をなるべく早く伝えましょう

 

いわゆる円満退職という形にはなりにくい状況ですが、ある日突然辞めてしまうよりはずっと望ましい対応です。

 

次の転職に向けて

 

早期退職するまでは、気持ちも混乱しがちで、落ち着いて考える余裕はないかもしれません。

 

ですから、これから説明することは、退職してから考えてもよいと思います。

 

もし、経済的に早く次の職場を見つけたいと思うのであれば、看護師の短期アルバイトを入れたり、失業保険を申請するなどして、経済的な余裕を確保しつつ、次の転職に備えましょう

 

早期退職に至った原因分析

大切なことは、どうして、早期退職せざるを得ないような職場に転職したのかという原因を明らかにすることです。

 

人によって色々な理由があり、また、複数の理由があると思います。

 

家庭の事情でやむを得ずという人もいるかと思います。

 

しかし、前職に不満があったことが、転職の理由になっている場合は多いと思います。

 

給与だったり、働き方だったり、職場の風土だったりに対する不満が大きく、転職するかと思います。

 

そして転職した結果、転職先の条件がより自分に合っていなかったのはどうしてでしょうか。

 

これは、情報が不足していたということもあるかもしれませんが、それも含めて、自分の理想の働き方についてのイメージが不十分だった可能性があります

 

たとえば、自分が循環器のエキスパートになりたいと思い、専門性の高い職場で働きたいという理想を描いたとします。

 

その時単に心臓外科があるとか、心臓カテーテル件数が多いといった情報だけで決めてしまうと、それ以外の条件の吟味が軽視されてしまいます。

 

理想の働き方をイメージする

そこで、たとえば循環器ナースのエキスパートとして働いている自分の姿とはどんな姿かをもっと具体的描いていきます。

 

専門的な看護の提供によって、苦しい状況の患者さんを笑顔にできたとか、エキスパートとして尊敬されているとか、相応の責任に対して、賃金や休暇など十分な報酬と対価を得ており、知識とスキルを習得する機会を与えられているとか、専門的な看護を提供するために、チームワークのよい職場で働いているなど具体的で豊富なイメージを持つ必要があります

 

こうしたイメージに基づいて転職活動を行えば、自然と自分が求める職場が見えてくると思います。

 

地方に住んでおり、転職先の選択肢が少ないという場合もあるかもしれません。

 

しかし、その場合も、もし本当に高度な医療を提供する病院で働きたいのであれば、引っ越しという選択もありえます。

 

反対に、住み慣れた地域での暮らしを大切にしたいということであれば、地域の人々や家族を大切にしながら、地域医療に貢献するという働き方もできるわけです。

 

このようイメージを膨らませることで、転職候補の職場についてのリサーチをするときに、様々な情報が入ってくるようになります。

 

求人票に書いてある情報だけでなく、地域での評判だったり、見学に行った際の、看護師の表情、身だしなみ、私語、病棟の様子、清掃状況、患者の寝姿などです

 

そうした膨大な情報が全体として自分のイメージに合うかどうかで判断していけば、転職してまったく想定外の内情にショックを受ける可能性は、ずいぶん下がると思います。

 

 

まとめ

転職後の早期退職の注意点をお伝えしてきました。

 

退職の手順は、就業規則に則り、粛々と進めるしかありません

 

その際、慰留や嫌味を言われても気にせず次を見据えていきましょう

 

大切なのは、退職後に、同じことを繰り返さないことです。

 

そのためには、自分の理想の働き方をリラックスしてイメージすることです。

 

イメージが豊かであればあるほど、自分にあった転職先が見つかりやすくなります。

 

転職を成功させ、かっこいい看護師として活躍されることを祈念しております。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket