看護師の転職で失敗しない方法は?転職成功ポイントを伝授
Pocket

看護師として働く中でもっと良いところで働きたいと思うことはありますよね。

それは現状の不満からくるものやキャリアアップを目的としたものなど理由はさまざまだと思います。

 

しかし、看護師の転職には注意が必要で、安易な転職は失敗する可能性があります。

このページでは転職を考える看護師の手助けとして、転職成功のポイントをまとめました。

看護師の転職で失敗しない方法は?転職成功ポイントを伝授

看護師転職で失敗する理由

看護師の転職失敗といえるのはどのようなものでしょうか。その理由を見てみましょう。

 

明確な転職理由がない

仕事がきついから、なんとなく合わないから、といった理由がぼやけている場合には転職した後も同様に繰り返してしまうことが考えられます。

転職活動は労力を要しますから、その根拠となる理由が確固たるものでなければ転職先を見つけることで満足してしまう可能性があり、現状と何ら変わることなく失敗してしまうことになるでしょう。

 

看護師の仕事はケアだけでなく、記録や研修など多くあります。その業務が多すぎて多忙なために転職を考えたのか。または、給与を含む待遇として、残業代が出ないなど、不満を募らせたためなのか。

キャリアアップのために目的意識を持った転職活動なのか。自分が転職することを考えた理由をはっきりさせることをしましょう。

 

情報収集不足

看護師の転職活動において大切なものに転職先の情報を知るということがあります。

働きながらの転職活動で大変であるのはわかりますが、転職しようとする職場の雰囲気や環境を知らずして決めることは失敗するためとしか言えません。

 

自分の目や感覚で転職先候補の状況を感じること、自分では確認しにくいことなどは転職サイトのエージェントを活用するなどして可能な限り情報を集めます。

その中で自分が転職して働くことができると感じたところにアプローチするべきです。

 

自己分析不足

看護師が忘れがちなものに、自己分析があります。

周りの事に関しては、‘人間関係が大変であるとか、残業や勤務が多忙である’など意見を持っていることが多いですが、自分はどのような看護師であるか、自己分析をしている看護師は少ないと言えます。

転職するにあたって、転職先に求めるだけでなく、自分にはどのような強みがあって、貢献できるのか。

または、どのような目的意識を持っていて、転職先で働こうとしているのか。

そういった目標やビジョンを持っていることを意思表明できることも大切であることを覚えておいてください。

 

看護師転職に失敗しないために行うべきこと

転職に失敗する理由を踏まえて、転職を成功と言えるものにするために、自分の条件を洗い出してみましょう。

 

転職条件を明確にする

・譲れない点は何か

転職するからだけではなく、看護師として働く上で譲れないものを洗い出してみてください。勤務体系、人間関係、給与、スキルアップなど自分の中の譲れない条件です。

・妥協できる点は何か

全ての理想を叶える職場はそうはありませんから、優先順位を決め、譲れない条件と妥協点を踏まえた転職先を探します。

 

情報を集める内容を確認

自分が転職するキッカケとなった問題について、転職先ではその問題が解決される必要があります。

そのために、それについて情報を集めることが必要です。

転職サイトのエージェントや知人・友人、ホームページやSNSなどを駆使して色んな視点で見てみます。

そうすることで見えていなかったことが見えたり、より魅力的に感じたりと情報をより正確なものにしてくれます。

 

看護師転職成功のポイント

では、転職活動を行っていくにあたり、転職までの流れをポイントとしておさえていきましょう。

転職サイトやエージェントの活用

今や転職サイトの利用は当たり前となりましたが、ひとつに絞るのは危険。

同じ求人先であったとしても条件が異なったり、交渉で引き出せる条件が異なるため、自分にとって一番良い条件を提示してくれる転職サイトを活用しましょう。

そのためにも複数の転職サイトを比較しながら転職活動を行います。

そして、エージェントも看護師でない場合がほとんどですから、本当に自分のために協力してくれるエージェントに当たるまで担当の変更なども妥協してはいけません。

 

自己分析をしっかり行う

自分の得意なこと、優れているところ、逆に不得意や苦手であるところを客観的に分析して認識することが必要です。

ひとりでは難しい場合もありますが、同期や先輩看護師、またはエージェントの他者評価が気付かせてくれる場合もありますから、自分を見つめ直してみましょう。

自己分析を踏まえて、自分の経験や知識を生かすことができる分野は何か。

また、キャリアアップのために取り組める分野は何か。そしてターゲットとしている転職先のニーズと合っているかといった分析に活用できるとともに、自分の強みや弱みを知っている看護師は成長する速度も速いため貴重な人材になります。

 

面接時の注意

基本的なことですが、志望動機などポジティブな内容を伝えます。

いくらネガティブな理由で転職活動を始めたとしても、前職の非難をしてしまうと、自分の印象が悪く映るだけで良いことはありません。

面接を受けるために転職活動を行っているわけではありませんから、採用されなければ意味がないので細心の注意を払ってください。

 

また、補足ではありますが、履歴書を提出する際に職務経歴書も提出すると思いますが、職務経歴書の内容もしっかりと書かれていると面接前の段階の印象が違うと思います。

自分を売り込むわけですから、自分の強み、採用されてからの展望がしっかりしていると面接時にもそこへ話題が進み、採用や条件面でも優位になるといえます。

 

内定後の契約内容の確認

内定を受けてからは、その条件の確認を行います。面接で伝えた内容や求人内容との違いがないかの確認は必ず行ってください。

いざ転職した後に契約内容が違ったなどの問題を予防するためにも、しっかりと残しておくようにしてください。

 

まとめ

転職を考えている看護師のみなさんはその活動が失敗しないように、転職する際のポイントをおさえて、その転職が成功であったと言えるようにしてください。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket