看護師のモチベーションを上げる方法!仕事を充実させる3つの方法!
Pocket

看護師はモチベーションの維持が大切であるといわれます。

日々更新される医療知識を吸収していく必要がありますし、タフな現場で働き続けるには、相応のモチベーションがなければ難しいと思われているからです。

本記事では、モチベーションを上げ、充実した毎日を送るための3つの方法を紹介していきます。

看護師のモチベーションを上げる方法!仕事を充実させる3つの方法!

必ずしもモチベーションが高くなくてもいい

いきなりタイトルと矛盾するようですが、「モチベーションを上げなければ!」と思うほどモチベーションは下がります。

モチベーションとは頑張って、歯を食いしばって上げるようなものではなく、自然と「やりたい!」と行動してしまうものだからです。

 

そのため、「モチベーションを上げなければ!」と日々思っている人は、逆に精神的に疲労し、体もこわばってしまっているかもしれません。

看護師の仕事は、たしかに日々学習を重ね、技術を高め、良好なコミュニケーションを維持しと、理想を高く持てば持つほどやることはたくさんあります。

 

しかし、同時にそこまで高みを目指さなくても、日々の業務を滞りなく進められたらOKというのもまた真実です。多少の失敗はOKです。多少の寝坊もOKです。

 

誰もがスーパーナースになる必要はありません。

 

もし、あなたが本音でそうなりたいなら、目指してもよいですが、「ならなければならない」と思っているなら、本音のところでは「なりたくない」と思っているかもしれません。

普段から「モチベーションを上げなければ」と思っている人は、もしかすると「モチベーションなんて上げたくない」と思っている本音にふたをしているかもしれません。

まずは、その蓋をあけてみませんか。あなたの本音を認めてあげれば、心がふっと軽くなりますよ。

 

まずは心身の健康から

身心の健康は大切です。

 

世の中には、数多くの健康法がありますが、こだわる必要はありません。なるべく夜は眠り、食事はおいしく食べて、友人や家族と楽しく過ごせたら、おおむね幸せな気持ちになれます。

 

しかし、看護師は、こうした基本的なことが蔑ろになっている人が意外と少なくありません

ナイチンゲールがあんなに強調していたことなのですが。

夜は眠れず、食事はかきこみ、家ではぼーっとテレビを見ているだけという人はいませんか。慢性的に腰痛や頭痛を抱えている人も多いですね。

こうした状況ではなかなかモチベーションは上がりません。ですが、こうした身心の不調は一気に解決することはありません。

ですから、何かひとつからでもいいので、身心を大切にしていきましょう。

 

全部を一気に変えるのは大変です。

反動も来るでしょう。

 

たとえば、寝る時間を1時間早くするとか、ごはんをよく噛んで食べるとか、そうした小さなことをひとつ選んで意識していきます。

自分で意識したことができたとき、静かな自信が生まれます。その積み重ねが大切です。

 

よい環境で過ごす

人は環境によって大きく左右されます。

1日の労働時間は8時間と法律に書いてありますが、8時間しか病院にいない常勤看護師は少ないでしょう。

だいたい10時間とかもっと長い時間をひとつの場所で過ごしているわけです。もし、その場所が息詰まるような場所だったら、あなたは人生の半分近い時間を、不快な空間で過ごしていることになります。

これでは、モチベーションどころか身心の健康にもよいはずがありません。

みなさんそれはわかっていて、でも、働かないとお金がもらえないなどと思って我慢して働いているわけです。

ですが、あなたが、身心の健康を保ち、モチベーション高く暮らしていきたいのであれば、よい環境を選ぶ必要があります。

具体的には転職ということになります。

 

転職紹介サイトに登録するなどして自分にあった職場を選んでいくとよいのですが、このとき、やはり、自身の本音を観察することがとても大切です。

なんとなく、今の職場が不満だから辞める、ここまではOKです。

 

辞めるまではいいのですが、次にどのような環境で働きたいかというのは、よく考えなければ、結局同じような環境を選んで、同じような不満を抱えてしまいかねません。

自分が人生において何を大切にしたいかをよく問いかけてみましょう。

お金なのか、健康なのか、人間関係なのか、そうして自分にとって大切なものが大切にできる職場はどこかという基準で選びなおしていきましょう。

 

まとめ

 

モチベーションを上げる具体的な方法を期待していた方には、少し期待外れだったかもしれません。

しかし、モチベーションというものを掘り下げていくと、以上書かせていただいたようなことになると思います。

 

あなたが心身ともにリラックスし、素敵な看護師として活躍されることを心から願っています。また、次回も楽しみにしていてくださいね。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket