新人看護師が再就職で成功する方法!成功法則を知り後悔しない!
Pocket

新人看護師の退職は決してめずらしいことではありません。

 

実際に1年目で退職している人は、7~8%程度。

辞めたいと思っている人はもっといるでしょう。

 

退職理由にはさまざまあると思いますが、新人看護師の退職で重要なのは、おそらく再就職です。

よい再就職先を得る方法を紹介していきたいと思います。

新人看護師が再就職で成功する方法!成功法則を知り後悔しない!

新人看護師の再就職が大切なわけ

新人看護師として最初の病院に就職する際、他の業種と比べると、なんとなく就職先を決めてしまいがちな傾向があります。

 

今も当分先も、看護師は売り手市場であり、就職先には困らないという事情もあると思います。

ただ、そうやって就職した病院で、結構なギャップを感じてしまいます。

忙しすぎる業務、残業代未払い(前残業含む)、厳しすぎる先輩看護師など、実習では見えなかった現実の厳しさに直面します。

 

あまりの負担の大きさに疲れ、仕事に来られなくなり、そのまま退職する人は決して少なくはありません。

もし、あなたがそういう状況や、それに近い状況にあった場合、それはあなたの能力が低いからとか、看護師の才能がないとかいうことではないということをお伝えしたい。

どんな仕事でもそうですが、合うあわないがあります。

 

たしかに看護師という仕事は同じでも、病院によって、働き方は少なからず変わります。医師や経営者の方針によって、どのような医療・看護を提供したいか、職員にどのように働いてほしいかは違うのです。

 

職場の考えと合わないことは誰しもあります。

最初気づかなくて、何年か働いてやっぱり違うと辞める人もいますが、新人看護師で辞める人は、その気づきが早かっただけかもしれません。

ですから、最初の職場を辞めることになったからといって、自信を無くす必要はありません。大切なのは、自分に合った、よい再就職先を見つけることです。

 

新人看護師の再就職先探しのポイントは、「好き」かどうか

再就職探しのポイントは、その就職先が「好き」かどうかです。

もちろん、教育体制がしっかりしているかとか、給与面など基本的な部分の確認はもちろんですが、自分がやりたい看護ができるかどうかということを吟味することが大切です。

 

よくあるのは、新卒で辞めた自分には、この程度の病院がふさわしいと、病院のレベルを下げてしまうことです。

これをすると、さらに働く条件が悪化する場合があるので注意が必要です。

 

せっかく看護師というなりたい資格を得ることができたのですから、あなたが働きたい場所をさがしていきましょう。

働きたい場所というのはどうやって決めたらいいでしょうか。

たとえば、あなたが看護師を目指したきっかけがテレビのドラマであるならば、そのテレビドラマの舞台となった病院を訪ねてみるなどはどうでしょうか。

あるいは、救命救急にあこがれたなら、日本で一番の救命救急センターがある病院の門をたたいてみてはどうでしょうか。

テレビに出ていたプロフェッショナルな看護師がいる病院はどうでしょうか。

 

そうやって、シンプルに自分が好きなこと、夢中になれるものに飛び込むのが一番いいでしょう。

もし、いまそこまで熱くなれるものがないということであっても、少しでも興味のある分野で最も熱心に取り組んでいる病院を選ぶことで、あなたの心に火がともる可能性は高いでしょう。

 

自分のゴールを決める

新人で辞めると、そのことにどうしても負い目を感じてしまいがちですし、その結果、とにかく雇ってもらえるところに就職しようとか、ゆっくり働けるところにしようとか転職活動が弱気になりがちです。

 

しかし、このように過去の結果に縛られていては、なかなか思い通りの転職はできません。

大切なことは、これまでとは切り離して、これからどんな看護師になりたいか、どんな風に人生を送りたいかに尽きます。人は、見たいものしか見ることができません

 

目指すべき将来を見据えなければ、その未来を手繰り寄せることはできないのです。

ですから、かならずゴールを設定してください。その基準は、さきほど述べた「好き」かどうかであり、「こうあらねばならない」というべき論で決めないということです。

 

まとめ

もし、また続けられなかったらどうしようという不安が高まる日もあるかもしれません。

ここなら頑張れると思って再就職しても、やっぱり違うとなることもあるかもしれません。

しかし、それでも、へこたれないでほしいと思います。常に自分の興味のあること、好きなことができる職場を求めていけば、か

ならずいつかたどり着けるはずです。

あなたが新人であるならば、これからいくらでもチャンスがあります。

新人であることをどうとらえるかは、自分の考え方次第です。世間の常識は一旦わきに置いて、なりたい自分を想像していきましょう。その姿にわくわくするものがあれば大丈夫です。そこに向かって第一歩を踏みだしていきましょう。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket