楽しく働きたい!看護師が楽しい職場に出会う方法
Pocket

看護師のみなさん、楽しく働いてますか?

「楽しくなーい」、「つらーい」という声が聞こえてきそうですが大丈夫ですか?

 

私自身、急性期病棟で働いていましたので、看護師のつらい気持ちが少しはわかるつもりです。

忙しくて休む暇もない夜勤の合間に、楽しくい職場をみんなで夢見てました。

 

とはいえ、妄想で終わらせていたら一生楽しい職場には出会えません。

一度きりの人生です。しかも、起きている相当の時間を過ごすことになる職場が楽しくないなんてもったいない。

 

どうやったら楽しい職場に出会えるのか、一緒に考えていきましょう。

楽しく働きたい!看護師が楽しい職場に出会う方法

楽しく働くとは

 

いきなり難しいことを言いますが、楽しいって、主観的な思いですよね。

 

たとえば、きつい夜勤の後に、気の合う仲間と飲むビールって最高に楽しい経験ではないですか?夜勤のあとのハイテンションで買い物に行くのも楽しいですよね。

それは、きつい夜勤があったからこその楽しみともいえます。

 

あるいは、関わった患者さんに喜ばれたとき、苦手だった怖い先輩に意外にも褒められたとき、見えにくい血管から一発で採血を成功させたときなど、仕事中でも楽しいエピソードはいろいろあります。

 

そうした楽しい気持ちも、次の瞬間に、自分のミスが発覚したら、消し飛んでしまいますよね。

楽しい思いは霧散して、どん底の気持ちになり、自分を責めて、自分はなんてダメなんだと落ち込んでしまうかもしれません。

 

このように、楽しさはというのは、流れゆく水の泡のようにはかないもの。

楽しいなあと思っていても、やがてその時間は去っていき、楽しくない時間がやってきます。

 

何をお伝えしたいのかというと、どんな職場であれ、常にずっと楽しい職場はないということです。

ただ、楽しいというのは気持ちの問題でもあるので、自分の気持ち一つで、どんな場所でも楽しくなれる可能性はあるということです。

 

楽しい職場を探す

では、楽しい職場というのは、夢の話なのでしょうか。

しょせんは、自分が楽しいと思うかどうかなのでしょうか。

そんなことはありません。

 

楽しさというものが、自分の感情の動きであるということを踏まえたうえで、楽しくなれる職場を探すことが大切です。

つまり、自分がどのような環境で働けば楽しいと思えるかを知ることが大事なのです。

 

誰かや、何かに楽しませてもらうのを待つのではなく、こちらから楽しさを探しにいきましょう。

 

楽しくなる職場の条件

 

楽しさの基準は人それぞれですが、なるべく多くの人が楽しいと思える条件はあると思います。

 

人間関係がよい

まずは、人間関係が良好かどうかでしょう。

人の陰口や理不尽な指導などが横行している職場は雰囲気が悪いですよね。

当然楽しいと思えるチャンスは減るでしょう。風通しがよくて、お互いに高めあえるような職場であれば、さぞ楽しいでしょう。 

 

待遇がよい

給料や福利厚生のよい施設だと、多少きつくても頑張れますよね。

休みがちゃんと保障されているとか、スタッフの人数が十分そろっているとか、そうした従業員を大切にしてくれる施設で働けば、スタッフの気持ちも安らぎ、自然と楽しい気持ちになるはずです。

 

看護実践が熱い

やはり看護師であれば、よい看護を提供したいもの。

いい加減なルーチンワークだけの仕事なんてやっていても楽しくありませんよね。

新たな知見を常に吸収し、たしかな看護ができれば、それだけで誇らしい気持ちになれますし、患者さんの変化をみながら毎日の看護が楽しみですよね。

 

仕事に楽しさは求めないという選択

そうはいっても、そんな理想的な職場なかなかないよと思ってしまう方もいるでしょう。

たしかに、これらの条件がすべてそろっている病院は残念ながら多くはないと思います。

あったとしても、遠方だったり、様々な条件によって働けないということも多いでしょう。

 

そんなあなたに、もう仕事に楽しさを求めないという選択肢をご案内してこの記事を終わりたいと思います。

 

そもそも看護師という資格を得ている時点で、あなたは相当有利です。

働きたくても仕事がないという状況にはまずなりません。

面接に行けば大方合格ですぐ来てくださいと言われます。そんな仕事はほかにはあまりないのです。

 

割に合わなさはありますが、給与所得も一定以上得ることができますから、まっとうに生活していくことができます。

それで十分ではないですかということです。

仕事が多少楽しくなくても大丈夫。

給料をきちんと払ってくれる施設なら、仕事ではない時間にしっかり楽しんだらいいではありませんか。

 

このように職場に「楽しさ」という価値を求めなければ、とりあえず、残業がそれほど多くなくて、給料をちゃんと保障してくれて、理不尽な目に合わなければ結構満足できるしょう。

 

まとめ

さいごに身もふたもないことを書きましたが、これは楽しいという感情が、主観的なものであるということを使った裏技です。

職場に期待をしないということですね。

そもそも、楽しさはあなた自身がコントロールできるものですから、どこで楽しむかを選ぶのもあなたの自由です。仕事だけが人生ではありません。このことが理解できると、不思議とどんな職場でも楽しく働くことができます。

 

ぜひ、人生を楽しむプロになってください。そして、一緒に楽しく働いていきましょう!

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket