看護師辞めて違う仕事についた例!転職で成功した体験教えます
Pocket

看護師の中には異業種へ転職する人もいます。

異業種といっても看護師から全く離れた仕事もあれば、医療・福祉に関わる関連の仕事もあります。

成功したと言えるケースは転職の際に明確な理由を持っていたと言えるでしょう。

看護師辞めて違う仕事についた例!転職で成功した体験教えます

看護師を辞める理由を明確にする

看護師として働くことを辞めるのは勇気のいることです。

嫌だとか辞めたいという理由だけでは続かないことが多いと思います。

しっかりとしたその職種に転職する理由があることで続けることができ、やりがいを持って取り組めて成功といえるでしょう。

 

明確な理由が必要

辞めることは簡単なのですが、辞めた後に後悔すること必須です。

看護師として働いていて

「何が嫌だったのか」

「何をしたいと思ったのか」

「ただの逃げではないか」

と自問自答して「本当にやりたいこと」を見つけることが大切です。

違う職種ということは看護師としてのキャリアは通用しないというのが普通です。

同じ医療・福祉分野なら活用することができるでしょうが、そうでなければ無資格者と何ら変わらないからこそ揺るがない理由が必要です。

 

転職先について十分調べる

理想と現実は違うことが多く、やりたいと思った仕事も実はそうでもなかったり、長くは続けられない条件だったり知らないことがたくさんあります。

明確な理由があっても、調べていくうちにその職種は除外されていくことになったりすることもあるでしょう。

それだけ無知は怖いので、情報収集はしっかり行います。

 

医療・福祉関係への転職

看護師以外にも医療・福祉の仕事はたくさんあります。

看護師は無理だけど、医療・福祉には携わりたいという人もたくさんいます。

 

看護師の資格を活かして転職

看護教員・治験コーディネーター・医療機器メーカー・医療事務など看護師時代の経験を発揮できる職種があります。

新たに資格を取得しなくても転職でき、転職後にキャリアアップが望める業種もあり、自分の向いている分野でグーンと成長する元看護師は多いです。

外資系の職種は個人の能力次第では看護師時代の倍以上の報酬を得ることも可能です。実力社会かつ給与も欲しい人にとっては魅力的な職種といえます。

 

福祉関係の転職

介護士・ケアマネージャー・養護教諭・保育園など看護師としてのキャリアも活かしながら、福祉の分野を学びやりがいをもって働くことができると思います。

この場合看護師としての関わりから、意見を求められる場合もあり、二面性を持って働く印象もあるかもしれません。

 

医療・福祉以外への転職

一般企業への転職ももちろん多くあります。

しかし、看護師としての転職に比べ狭き門であることは間違いありません。

真面目な人が多く仕事には順応し、やりがいもあって成績も残すことでしょう。

 

看護師時代と比較してストレスも軽減して働けるといえます。

欠点をあげるならば給与の問題でしょうか。ほとんどは減収になると考えられます。

 

転職の成功までの道のり

看護師を辞めてまで何かをしたいと思うその行動が成功したかどうかの判断は主観になりますが、その人がその人らしく生活できることが成功であり、あまり周りと比較するものではないのかもしれません。

転職してよかったこと

一番多いのが人間関係に悩まなくなったということではないでしょうか。

好きな職種、やりたかった職種へ転職したことでやりがいが上がり、人間関係も気にならなくなって仕事に集中できるということが多く聞かれます。

また、やりがいがあると答えるケースも多くみられます。

自ら飛び込んでいく職種ですから当たり前だろうと思われるかもしれませんが、転職でやりがいだけを追うということはリスキーであり、それを乗り越えたやりがいのある仕事はとても価値のあるものといえます。

このようなケースは本当に転職してよかったといえます。

 

自分なりの成功

転職は始まりであって、転職して終わりではありませんから、そこは注意が必要です。

「苦しかった環境から脱出できた、良かった」だけだとそこで終わってしまい、その後のビジョンがありません。そのような人は必ず失します。

 

転職からさらにどうなることが自分の目標であるのか、しっかりと考えられている人はその後も努力を続け成功者になるといえます。

つまり、転職したからもう大丈夫ではなく、あなた自身が成長することが成功となることを認識することが成功への第一歩といえます。

 

成功者に学べ

その分野で成功している人に学ぶのが一番であり、成功の裏には数えきれない失敗が隠れています。

その成功者の失敗も学ばせてもらうことで、自分を飛躍的に成長することができるといえます。

そして多くの人から学ぶことがより良いと考えられます。

限られた人だけでは、看護師時代と同じように井の中の蛙になってしまいかねないので、多くを知りそこにさらなる成長の鍵がないかアンテナを張って努力する姿勢が必要です。

 

まとめ

看護師と比較してしまうと給与面では劣ることが多い場合がありますが、給与に代え難い問題を解決するために転職をしているので、真の目的に沿った転職活動を行いましょう。

転職して看護師時代には見せなかった輝きを見せる人も多くいます。

そうした人を単にうらやむのではなく、そこからあなた自身も学び、よりよい人生に繋げられるようにこの記事が貢献してくれると幸いです。

応援クリックをお願いします


看護師ランキング

Pocket